PAPERでは、手元供養具を制作販売しています。​

PAPERで作る供養具は、従来のお仏壇やお位牌とは少し異なります。

生活環境や宗教観の変わりつつある現代人の心にフォーカスし、

独自の方法で、繋がりや癒し、存在を表現し、元気になる場所を作ります。

WORKS

雲 Cloud

雲はご自宅用の手元供養具です。

​仏具などは必要なく、雲は現代の暮らしに合うように作られた、

いわば、「お家に置くお墓」です。

お骨が入っているので、ペットのご自宅用のお墓にも最適です。

中央の四角い黒い部分には水を含んだ土が詰まっており、その中にご遺骨が納められています。でも開けて見ることはできません。というのは、遺骨の風化の過程を半永久的に止めるように作られていて、開けてしまうと風化の過程が再び進みだすようになっているからです。

写真のような記録とは異なり、見えないからこそ心の中で故人は生き続けます。故人を想像する場所、それが雲です。

フルオーダーでサイズや色も自由。シンプルなデザインは置く場所を選ばず、生活の中に故人を想う場所がすっと溶け込みます。これひとつで供養ができて受け継ぐ時も負担がありません。​

小さいですが故人の存在と想いが詰まった新しい供養の形です。

white01-1.jpg

遺影絵画

遺影絵画は、故人の人生を絵画に詰め込んだ一枚の絵画です。

ご遺族にヒアリングと取材をさせて頂き、大切な記憶や思い出の品々を一枚の絵に描きます。

掛軸なので場所を取らず、普段はしまっておいて、お盆や正月などの行事の際に掛けることで、家族や親戚が集まった時にみんなで一緒に過ごすことができます。子供たちにも故人の人生を伝えていく場にもなるかもしれません。生前であれば、​ヒアリングの際に書いて頂くヒアリングノートは、普段聞けない親の生き方や記憶、言葉を記録する貴重な一冊になり、こんなこと聞いておけばよかったという後悔も無くしてくれます。

受け継ぐ時にも子供たちへの負担も少なく、置く場所にも困らない現代の住空間にもフィットしたスタイルです。

万年青と遺影絵画②.jpg